北区王子の産婦人科「スワンレディースクリニック」無痛分娩
 
 
北区王子の産婦人科「スワンレディースクリニック」採用情報
 
  
  

 
 
 
《無痛分娩》
ご希望の方へ硬膜外麻酔による無痛分娩を積極的に行います。24時間365日対応します。
 
陣痛に対する痛みやストレスは多くの場合、呼吸法やリラックスで軽くするようにしますが、それも限界があります。分娩に対する不安や恐怖感が強い方や痛みに対してストレスを強く感じる方では、ストレスや不安感から分娩の進行が遅れたりして、ご本人や赤ちゃんに悪影響を及ぼすことがあります。また、経産婦さんでも前回の分娩で強いストレスを感じ、今回の分娩に関し不安を抱いてる方では、分娩時の痛みを取り除くことで、よりよい分娩にすることができます。痛みを適切に取り除き、安全で快適なお産を目指すのが無痛分娩という方法です。
 
無痛分娩で行う硬膜外麻酔とは、脊髄の外側の硬膜外腔という箇所にカテーテル(細くて柔らかい管)を留置し、その管を通して麻酔薬を入れ、お産の痛みを和らげる方法です。無痛分娩の処置は10分程度で終了します。ベッドに横になっていただき、背中を丸めた姿勢でカテーテルを挿入します。背中に局所麻酔をしてから針を刺してカテーテルを挿入しますので、カテーテル挿入時に痛みはありません。カテーテルを挿入した後は姿勢に制限はありませんので、立ったり座ったり仰向けに寝たり、どんな姿勢でも問題ありません。
 
無痛分娩では、子宮収縮に伴う軽い陣痛は感じますが、痛みはなく子宮口が全開したら普通の分娩と同様に『いきみ』を行い出産します。自分の力でいきんで産むという点においては、自然分娩と変わりません。 麻酔の効果や陣痛の感じ方には個人差がありますが、薬の注入量、注入方法を工夫することによって 分娩に伴う痛みの大部分を軽減できます。麻酔薬はおもに子宮より下の痛みを取り除きますので、意識ははっきりしています。足は少し重い感じがしますが動かすことはできます。(個人差が若干あります。)麻酔薬注入後約10分から15分くらいしてから麻酔は効き始めます。無痛分娩では、陣痛が間延びすることがあるので、遷延分娩を回避する目的で陣痛促進剤を使用することがあります。使用する薬剤に関しましては、胎児に影響がないものを適切に使用いたします。吸引分娩や鉗子分娩は増える傾向にありますが、帝王切開率は増加しません。分娩室ではできる限り自由な姿勢で過ごしていただきます。出生した赤ちゃんについては他の分娩と同様、分娩直後の抱っこやカンガルーケアを行うことができます。
 
■スワンレディースクリニックでは、皆様のご希望に応じたタイミングで麻酔を開始します。
1.計画無痛
入院日を決めて計画的に陣痛をおこしていきます。38週0日以降で計画を立てることができます。陣痛促進剤の投与開始と同時に麻酔の投与を開始しますので、陣痛開始から出産まで無痛です。ご家族で宿泊に来ていただく場合は予定が立ちやすく、最初から最後まで無痛なので安心して出産を迎えられます。
2.自然無痛
陣痛が開始したら(痛みが出てきたら)麻酔を始めます。 24時間365日対応しますので、いつ陣痛がきても安心です。

■スワンレディースクリニックでは、皆様のご希望に応じた方法で無痛分娩をすすめていきます。
1.完全無痛
痛みをとることを最重要視して、最初から最後まで無痛を目指して麻酔薬の投与量をコントロールしていきます。陣痛の感覚もほぼなくなるので、いきむタイミングはこちらでアドバイスさせていただきます。
2.通常無痛
陣痛をある程度感じながら、痛みがでたら麻酔を追加していく方法です。陣痛の痛みを2-3割感じますので、いきむ力を残しながら分娩をすすめます
 
 


【無痛分娩のメリット】 
・身体的、精神的ストレスが軽くなります。痛みが大部分軽減されますので、痛みに対する恐怖心が減り、
 落ち着いて分娩に臨めます。
・子宮胎盤の血流量を維持し、赤ちゃんへのストレスを軽くします。
・産後の回復が早く、育児にスムーズに入れます。

 


【副作用について】  
硬膜外麻酔で重篤な合併症が起こることは稀ですが、副作用として以下のことが起こることがあります。
しかし、厳重なモニターにより早期発見に努め、迅速に対処します。
・チューブ挿入部位の痛み
・一時的低血圧:体位変換、輸液にて回復します
・硬膜穿刺後の頭痛:1週間程度で回復します
・非常に稀な合併症:一時的ふるえ、局所麻酔薬中毒、硬膜外血腫、硬膜外膿瘍、呼吸困難 等
 

 
《無痛分娩》
ご希望の方へ硬膜外麻酔による無痛分娩を積極的に行います。24時間365日対応します。
 
陣痛に対する痛みやストレスは多くの場合、呼吸法やリラックスで軽くするようにしますが、それも限界があります。分娩に対する不安や恐怖感が強い方や痛みに対してストレスを強く感じる方では、ストレスや不安感から分娩の進行が遅れたりして、ご本人や赤ちゃんに悪影響を及ぼすことがあります。また、経産婦さんでも前回の分娩で強いストレスを感じ、今回の分娩に関し不安を抱いてる方では、分娩時の痛みを取り除くことで、よりよい分娩にすることができます。痛みを適切に取り除き、安全で快適なお産を目指すのが無痛分娩という方法です。
 
無痛分娩で行う硬膜外麻酔とは、脊髄の外側の硬膜外腔という箇所にカテーテル(細くて柔らかい管)を留置し、その管を通して麻酔薬を入れ、お産の痛みを和らげる方法です。無痛分娩の処置は10分程度で終了します。ベッドに横になっていただき、背中を丸めた姿勢でカテーテルを挿入します。背中に局所麻酔をしてから針を刺してカテーテルを挿入しますので、カテーテル挿入時に痛みはありません。カテーテルを挿入した後は姿勢に制限はありませんので、立ったり座ったり仰向けに寝たり、どんな姿勢でも問題ありません。
 
無痛分娩では、子宮収縮に伴う軽い陣痛は感じますが、痛みはなく子宮口が全開したら普通の分娩と同様に『いきみ』を行い出産します。自分の力でいきんで産むという点においては、自然分娩と変わりません。 麻酔の効果や陣痛の感じ方には個人差がありますが、薬の注入量、注入方法を工夫することによって 分娩に伴う痛みの大部分を軽減できます。麻酔薬はおもに子宮より下の痛みを取り除きますので、意識ははっきりしています。足は少し重い感じがしますが動かすことはできます。(個人差が若干あります。)麻酔薬注入後約10分から15分くらいしてから麻酔は効き始めます。無痛分娩では、陣痛が間延びすることがあるので、遷延分娩を回避する目的で陣痛促進剤を使用することがあります。使用する薬剤に関しましては、胎児に影響がないものを適切に使用いたします。吸引分娩や鉗子分娩は増える傾向にありますが、帝王切開率は増加しません。分娩室ではできる限り自由な姿勢で過ごしていただきます。出生した赤ちゃんについては他の分娩と同様、分娩直後の抱っこやカンガルーケアを行うことができます。
 
■スワンレディースクリニックでは、皆様のご希望に応じたタイミングで麻酔を開始します。
1.計画無痛
入院日を決めて計画的に陣痛をおこしていきます。38週0日以降で計画を立てることができます。陣痛促進剤の投与開始と同時に麻酔の投与を開始しますので、陣痛開始から出産まで無痛です。ご家族で宿泊に来ていただく場合は予定が立ちやすく、最初から最後まで無痛なので安心して出産を迎えられます。
2.自然無痛
陣痛が開始したら(痛みが出てきたら)麻酔を始めます。 24時間365日対応しますので、いつ陣痛がきても安心です。
 
■スワンレディースクリニックでは、皆様のご希望に応じた方法で無痛分娩をすすめていきます。
1.完全無痛
痛みをとることを最重要視して、最初から最後まで無痛を目指して麻酔薬の投与量をコントロールしていきます。陣痛の感覚もほぼなくなるので、いきむタイミングはこちらでアドバイスさせていただきます。
2.通常無痛
陣痛をある程度感じながら、痛みがでたら麻酔を追加していく方法です。陣痛の痛みを2-3割感じますので、いきむ力を残しながら分娩をすすめます。


【無痛分娩のメリット】 
・身体的、精神的ストレスが軽くなります。痛みが大部分軽減されますので、痛みに対する恐怖心が減り、
 落ち着いて分娩に臨めます。
・子宮胎盤の血流量を維持し、赤ちゃんへのストレスを軽くします。
・産後の回復が早く、育児にスムーズに入れます。


【副作用について】  
硬膜外麻酔で重篤な合併症が起こることは稀ですが、副作用として以下のことが起こることがあります。
しかし、厳重なモニターにより早期発見に努め、迅速に対処します。
・チューブ挿入部位の痛み
・一時的低血圧:体位変換、輸液にて回復します
・硬膜穿刺後の頭痛:1週間程度で回復します
・非常に稀な合併症:一時的ふるえ、局所麻酔薬中毒、硬膜外血腫、硬膜外膿瘍、呼吸困難 等